中国スマホ向けOLEDの低価格攻勢に困惑した韓国ディスプレイ…サムスン・LG、フォルダブルに悲喜こもごも

サムスンディスプレイとLGディスプレイなどの韓国内ディスプレイパネル業界が中国発の低価格数量攻勢に居場所を失っている。スマートフォン開発の初期から使われた第1世代リジッド(曲げない)有機発光ダイオード(OLED)市場は、シャオミ、OPPO、VIVOなどの中国スマートフォンメーカーにとうさいされた中国製パネルが市場を掌握している状況だ。ここにリジッドから一段階進化した第2世代フレキシブル(曲がる)OLEDディスプレイ市場まで、中国企業が原価以下で部品を供給し、韓国企業のシェアが急速に減っている状況だ。韓国メディア「bizchosun」が報じた。(写真:News1)
原文記事:https://biz.chosun.com/it-science/ict/2022/12/09/VIBVYD4BLBFD3NOT4A4B2XNT6U/

ただし、サムスンディスプレイとLGディスプレイの事情は異なる可能性がある。サムスンディスプレイはフレキシブルOLED出荷量が減っているが、サムスン電子のフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Fold」と「Galaxy Z Flip」などに搭載されるフォルダブルOLEDを全量受注し、息抜きができた状態だ。特にサムスン電子が2025年までに全体スマートフォン販売量の50%をフォルダブルフォンとして販売するという目標を掲げただけに、フォルダブルOLED供給量はさらに拡大する見通しだ。反面、LGディスプレイの場合、LG電子がスマートフォン事業から撤退し、唯一の顧客会社であるアップルのiPhoneだけにフレキシブルOLEDを供給しており、フォルダブルOLEDは全く生産していない。

9日、市場調査会社のユービーリサーチによると、サムスンディスプレイの第3四半期スマートフォン向けリジッドOLED出荷量は昨年同期の半分にも満たない1900万台と集計された。中国パネルメーカーの低価格攻勢とCOVID-19特需以後、グローバル景気低迷にともなうセット(完成品)企業の在庫増加でパネル需要が大幅に減少したためだ。

このような流れは第4四半期にも続いている。これに対しサムスンディスプレイのスマートフォン用リジッドOLED出荷量は今年から年平均20.8%減少し、2027年には5000万台に止まるものと見られる。グローバルスマートフォン用リジッドOLED出荷量も年平均12.9%減少し、2027年には9600万台になるものと予想される。

これまでサムスンディスプレイとLGディスプレイなどの国内企業はリジッド・フレキシブルOLED市場を攻略してきた。サムスン電子のGalaxyシリーズの場合、全体製品群からFoldとFlipを除いた残りは製品はリジッド(中低価格フォン)・フレキシブル(高価フォン)OLEDを採用している。アップルのiPhoneシリーズも低価格型iPhone SE3(LCD使用)を除いては、全てフレキシブルOLEDを使用している。シャオミ、OPPO、VIVOなどの中国企業も事情は同じだ。

だが、中国BOE、CSOTなどのディスプレイメーカーがスマートフォンに入るリジッド・フレキシブルOLEDパネル事業で原価以下の価格で製品を供給し市場に混乱を与えている。過去のコストパフォーマンス(価格対比性能)を掲げ、液晶表示装置(LCD)産業で韓国メーカーを抑えて関連市場を蚕食したのと似たような方式の戦略を再び展開しているのだ。

サムスンディスプレイはサムスン電子という強力なセット(スマートフォン)支援軍とともに、アップルなど多様な供給源を確保している。反面、LGの顧客会社はアップルが唯一だ。特にiPhoneの一部モデルだけにフレキシブルOLEDを供給しており、景気低迷によるスマートフォン販売鈍化環境でシェアはさらに下落する可能性がある。さらに、次世代ディスプレイであるフォルダブルOLEDへの対応も遅い状態だ。業界関係者は「LGディスプレイが現在iPhoneにサムスンディスプレイ、BOEと共にパネルを供給しているが、来年からは一般モデルに入る物量が抜けてプレミアムであるプロとマックスモデルだけにパネルを供給する」とし「物量が急激に増えることはないと観測される」と述べた。

ユービーリサーチのキム・ジュンホ研究員は「中国ビジョンオックスなどは損害を甘受しながらフレキシブルOLEDを旧型であるサムスンディスプレイのリジッドOLEDよりさらに安い価格で原価以下で供給している」とし「スマートフォン用リジッドOLEDは事実上遠慮されている市場であり、フレキシブルOLEDも中国の風が強く国内企業が競争力を維持することが難しい」と述べた。

専門家たちはフォルダブルスマートフォン市場が本格化する場合、サムスンディスプレイとLGディスプレイの悲喜が交錯する可能性があると指摘する。現在、国内ディスプレイが中国発の低価格狂風の中で期待できる分野はフォルダブルOLEDだ。

サムスンディスプレイは2019年、サムスン電子のフォルダブルスマートフォン発売を基点に折れるフォルダブルOLEDパネル開発と量産に集中してきた。現在まで発売されたサムスン電子のフォルダブルフォンにはサムスンディスプレイのフォルダブルOLEDが全量搭載されている。中国ディスプレイ業界が価格を武器にリジッド・フレキシブルOLED市場を掌握すると、サムスン特有の超格差技術を土台に市場の版図を「リジッド→フレキシブル→フォルダブルOLED」に転換し市場をリードしているのだ。

スマートフォン用フォルダブルOLED市場規模は、今年の出荷量1900万台から5年後の2027年には9000万台に拡大する見通しだ。ユービーリサーチは5年後、サムスンディスプレイのフォルダブルOLEDシェアが約89%に達すると予測した。実際、サムスン電子はフォルダブルスマートフォンに力量を集中し、新製品の生産計画を増やしている。

一方、LGディスプレイは現在、フォルダブルOLEDを供給する顧客会社がなく、このパネルを量産していない状況だ。業界関係者は「LGディスプレイもフォルダブルOLEDを開発しているが、内部でもフォルダブルOLEDをいつ量産するか分からない状況だ」とし「サムスンディスプレイはサムスン電子という心強いセット(スマートフォン)パートナーがいるため、フォルダブルOLEDに対する早い転換が可能だった」と述べた。続けて「ただし、フォルダブルOLED市場も中国企業が急速に成長し、5年後にはサムスンディスプレイを除く2~5位事業者が全て中国企業になる見通しだ」と付け加えた。

ユービーリサーチのイ・チュンホ代表は「アップルとサムスン電子プレミアムスマートフォンラインを除いた全世界の中価格スマートフォンメーカー各社は時間が経つほど自然に価格競争力が高い中国産パネルを主に使うだろう」とし「高価スマートフォンにはサムスンディスプレイパネルが使われるものと見られ、残りは事実上中国産が席巻すると見なければならない」と述べた。

参考記事:中国の封鎖解除に…韓国ディスプレイ・部品業界で業績回復への期待高まる
参考記事:サムスンディスプレイのスマホ向けOLED、中国企業と激しい競争に
参考記事:2年後、アップル搭載の可能性「青色燐光OLED」を捕まえろ…1位の米UDCを追うサムスン

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP