アップル・中国に挟まれたGalaxy…シェア1位にも「技術力を高めろ」特命

サムスン電子のハン・ジョンヒDX(デバイス経験)部門長(副会長)が「サンドイッチ状態」に置かれているサムスンスマートフォンを生かすための特命を下した。コスト削減など収益性中心の戦略の代わりに、技術力とブランド価値を引き上げ、プレミアム市場にさらに集中しようということだ。韓国メディア「毎日経済」が報じた。(写真:サムスン電子ハンジョンヒDX部門長=newsis)
原文記事:https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2022121816291420607

18日、業界によると、サムスン電子は今月15日、スマートフォンを担当するMX(モバイル経験)事業部のグローバル戦略会議を行った。この会議は毎年6月と12月、上・下半期に分けて2回開かれるサムスン電子定例会議だ。各事業部門別の主要役員と海外法人長など大規模な人員が参加する。

MX事業部関連議論はハン副会長が主導した。彼は会議でスマートフォン競争力強化のための方案作りを役員たちに促したという。コスト削減に重点を置く代わりに、ブランド価値と技術力に集中してGalaxy生態系を拡大しようというのが核心だ。

このような注文はアップルと中国メーカーの間に挟まれた「サンドイッチ」状態を打開するための意志と解説される。グローバルスマートフォン市場でサムスン電子は22.2%のシェア(トレンドフォース第3四半期基準)で依然として1位を占めている。だが、Galaxy Aなど中低価格製品に重点を置いているため、たくさん売っても稼ぐことが少ない状況が発生している。このため、売上基準ではアップルに大きく遅れを取っている。

世界最大の市場である米国と中国での立地拡大も必要だ。米国でサムスン電子のシェアは今年第1四半期基準24%で、アップル(50%前後)に大きく後れを取っている。中国での事情はさらに劣悪だ。サムスン電子のシェアは数年間0%台と微々たるものだが、アップルは中国企業まですべて抜いてシェア1位(約25%)を記録している。

シャオミ、OPPO、VIVOなど中国メーカーの躍進もサムスン電子には気になるところだ。彼らは中低価格スマートフォンに高付加部品を搭載し、製品の上方平準化をリードしている。特に、シャオミの場合、昨年6月、グローバルスマートフォン市場でサムスン電子とアップルを抜いて一時1位に上がった。

スマートフォン事業の体質改善に向けたサムスン電子の動きは、すでに随所で捉えられている。最近、サムスン電子は組織改編を通じてMX事業部内に「APソリューション開発チーム」を新設した。自社のモバイルAP競争力を強化し、今年初めに発生したGOS(ゲーム最適化サービス)事態を挽回するための後続措置と解釈される。

特に、APソリューション開発チーム長にクアルコム出身のチェ・ウォンジュン新任MX開発室長(副社長)を任命し、注目を集めている。APソリューション開発チームに対する正確な役割は知られていないが、独自のモバイルAP競争力を高め、新しいモバイルAPを作るための意図と業界では分析している。汎用APであるエクシノスの代わりにアップルのようにGalaxy専用APを作ることができるという分析が出ている。

電子業界のある関係者は「既存のエクシノスは汎用APに近くGalaxyフォン専用に使うには限界が多かった」とし「今回のAPソリューション開発チーム新設はGalaxy専用APを開発し、これ以上品質論難を作らないというサムスン電子の意志と解釈される」と述べた。

一方、サムスン電子はさらにフォルダブルフォンの大衆化にもさらに速度を上げる見通しだ。サムスン電子のノ・テムンMX事業部長(社長)は今年8月、Galaxy UNPACKED記者懇談会で2025年までにサムスン電子プレミアムスマートフォン販売量の50%以上をフォルダブルフォンで満たすという目標を提示した経緯がある。

参考記事:alaxy専用チップの開発加速…サムスン、モバイルAP専門組織を新設
参考記事:サムスン電子、Galaxy S23に「オーダーメード型高性能AP」を搭載へ
参考記事:サムスン電子、「スマホ頭脳」AP市場で反転狙う…戦略再確立に拍車をかける

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP