Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

来月に発売されるGalaxy S23シリーズのうち、ハイエンド機種であるGalaxy S23 ultra(ウルトラ)の基本カラーが前作よりさらに薄い色で発売されるだろうという見通しが出た。さらに、一部の消費者が不便な点と指摘したディスプレイの横端にエッジ部分も平らになるだろうという観測も同時に提起された。韓国メディア「ファイナンシャルニュース」が報じた。(写真:GalaxyS23ultra予想レンダリングイメージ=Twitter)
原文記事:https://www.fnnews.com/news/202301020557096916

2日、フォンアリーナなどの外信ITメディアは、チップスター(情報流出者)「アメディ・クワイダー」を引用し、Galaxy S23ウルトラの基本色は4色で発売されると伝えた。△ファントムブラック、△グリーン、△ラベンダー、△クリーム系のカラーである。

これをベースに作られた予想レンダリングイメージを見ると、前作のGalaxy S22ウルトラより薄い系列の色を採用したことが確認できる。グリーン色の場合、オリーブ色系のグリーンが採用される見通しだ。クリームとラベンダーの色はGalaxy Z Flip3のクリーム・ラベンダーの色と似ている。

サムスン電子は昨年、Galaxy S22ウルトラの基本カラーに△バーガンディー、△グリーン、△ファントムブラック、△ファントムホワイトを採用した。バーガンディーやグリーンなどの濃い色を採用したのとは違って、今回は薄い系列の色を基本カラーとして打ち出す見通しだ。ただ、Galaxy S22シリーズと同様に、サムスンドットコム単独カラーを追加する可能性が高い。

該当チップスターは、今回のGalaxy S23ウルトラは前作まで主に丸く設計されていたエッジディスプレイがさらに平らになるだろうと見通した。これに基づいて製作された予想レンダリングイメージでも前作とは異なり、さらに平らになった横端ディスプレイ側のエッジを確認することができる。エッジが完全に消える形ではなく、全体的な枠は前作のように各枠が角張ったボックス型が採用された。

エッジはスクリーンの角に曲率を与えて側面を包み込むように見えるフレキシブルディスプレイだ。平面画面より多くの空間を提供するという長所がある反面、このため不必要なタッチが意図せず押し出され耐久性問題で一部ユーザーは不便を訴えた。

フォンアリーナは「丸いエッジは過度な光反射、スマートフォンを落とした時にさらに脆弱な耐久性、Sペン活用性妨害などのような弱点を持っていた」とし「平らなエッジではこのような問題点を一部改善できるものと見られる」と予想した。

一方、基本型ラインナップ「Galaxy S23」と「Galaxy S23+(プラス)」の背面デザインも、従来の観測と同様に、水滴型のカメラ島デザインを採用するものとみられる。これらの機種はウルトラと違って角が丸い形のデザインが採用される。

参考記事:サムスン電子、Galaxy S23に「オーダーメード型高性能AP」を搭載へ
参考記事:サムスン電子、「Galaxy S23」にクアルコムスナップドラゴンを100%搭載
参考記事:Galaxy S23量産開始秒読み? サムスンがファームウェア開発を開始

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP