ロッテケミカル、CES初参加の野心作「発火危険のないバッテリー素材」を披露

ロッテケミカルが今月5日から開かれるCES2023に創立以来初めて参加すると3日明らかにした。韓国メディア「ヘラルド経済」が報じた。(写真:ロッテケミカル)
原文記事: http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20230103000364

CES2023でロッテケミカルはソウル市とソウル産業振興院(SBA)が運営しているソウル館に参加し、先端技術を保有した有望なスタートアップ8社などと共に未来技術をグローバル顧客社に紹介する。

特にCCU(炭素捕集・活用)技術と未来バッテリー素材であるVIB ESS(バナジウムイオンバッテリーエネルギー貯蔵システム)、環境にやさしいスペシャリティ素材技術を披露する予定だ。

ロッテケミカルが紹介するCCU技術は、国内化学業界で初めて気体分離膜を活用した新技術実証設備として、排出権購買費用節減と技術確保を通じた事業進出、グローバル炭素中立対応を通じたESG経営を強化してくれるものと期待している。

2020年から実証運営を進め、炭素捕集用気体分離膜の性能検証を完了し、実証過程で収集、分析したデータ及び運転技術を基に大山(テサン)工場にグローバル化学会社初の分離膜炭素捕集商用化を推進している。

VIB ESSは水ベースの電解液を使用して発火危険性が源泉的に遮断されたバッテリーだ。産業用、家庭用など多様な分野で成長が期待され、ESS業界で次世代バッテリーとして注目されている。ロッテケミカルはバナジウムイオンバッテリーメーカーの「スタンダードエナジー」持分約15%(約650億ウォン、約67億円投資)を確保した2大株主で多様な協力関係を構築している。

ロッテケミカルのキム・ギョヒョン副会長は「2023年は変化するトレンドに合わせて新しい製品を開発し規制に先制的に対応する事業構造の根本的再編を通じて安定的な収益を創出するために努力する」と述べた。

参考記事:EVバッテリー業界、銅箔の二強「SKC-ロッテケミカル」が北米市場も狙う
参考記事:ロッテケミカル、バッテリー用電解液有機溶媒の核心素材4種を生産拡大へ
参考記事:ロッテケミカル、2030年までに水素・バッテリー素材分野へ10兆ウォン投資

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP