広がって延びて…サムスンディスプレイ、新概念のディスプレイを初披露

サムスンディスプレイがフォルダブルとスライダブルを結合した新概念ディスプレイを世界で初めて公開した。韓国メディア「国民日報」が報じた。(写真:サムスンディスプレイ)
原文記事: https://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924281091

サムスンディスプレイは5日(現地時間)、米ラスベガスで開かれる「CES2023」で「破壊的革新で持続可能な未来を開く(Disruptive Tech Journey Unlocks Sustainable Futures)」をテーマに顧客企業対象展示会を開催すると3日明らかにした。この展示会でフォルダブルとスライダブル、2つの革新技術が一つに集約した「フレックスハイブリッド」を披露する。

この製品は画面左側にはフォルダブル技術、右側にはスライダブル技術を採用した。左を開くと10.5型4対3の割合の画面を、右画面まで引くと16対10画面比の12.4型大画面ディスプレイで映画やユーチューブを楽しむことができる。

昨年9月、「2022インテルイノベーション」でサプライズ公開した17型大画面スライダブルディスプレイも今回のCESで正式に紹介される。この製品は画面を一方向または両方向に拡大できる「フレックススライダブルソロ」と「フレックススライダブルデュエット」の2つのコンセプトだ。普段は13~14型タブレットサイズで携帯または使用し、マルチタスクが必要だったり映画、ゲームを楽しむ時に17.3型サイズに画面を拡大することができる。大画面ノート型パソコンに匹敵する画面サイズに携帯性まで備え、未来型ノート型パソコンのデザインで大きな期待を集めている。

サムスンディスプレイは今後急速な成長が期待される自律走行車市場、変化する自動車デザインの流れを狙って自動車用新製品「ニューデジタルコックピット」も初めて公開する。この製品は34型と15.6型ディスプレイを結合した、左右に長い形のデジタルコックピット用ディスプレイだ。

参考記事:フォルダブルフォンのヒットでフレキシブルOLEDの出荷量が大きく増加
参考記事:2回折れたりスライドしたり…サムスンDがCESで披露する中小型OLED製品
参考記事:サムスン電子、新しい形のローラブルフォン・スライダブルフォンを開発中

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP