スマホのエッジディスプレイを90度以上曲げる技術開発、韓国企業

韓国のヒューマンアイテック(代表チェ・ジュンシク)社が、スマートフォンのエッジディスプレイを90度以上の角度で実装することができるラミネート装置を開発し、関連特許を出願したと9日、明らかにした。韓国電子新聞が報じている。
同社チェ・ジュンシク代表は、ラミネート装置の開発経験をもとに、4月に創業。
ラミネート装置は、OLED有機物を保護するフィルム、タッチフィルムなどを付着する工程で使用する。 ガラス基板に形成したOLEDパネルを仕様に応じて切り取った後、ラミネート工程を経て、複数のフィルムを取り付ける。
スマートフォンエッジディスプレイはサムスン電子がギャラクシーシリーズに初めて導入した技術である。 当初は左右片側のみにカーブしたが、現在は、ディスプレイ上下左右の両方に丸く実装したクワッドエッジディスプレイが大勢だ。
クワッドエッジディスプレイは、ベゼルを最小化して没入度を高める効果がある。さらに柔らかな印象のデザインを実装する。
既存のクワッドエッジディスプレイよりも高い角度で曲げるには、各コーナーが接する部分に気泡が生じる問題が発生する。 特にカーブが終わる地点でのパネルの長さが長いほど、不良が出てくる可能性が高くなるという。 気泡が発生した場合、画面の隅映像が正しく表示されないなど、パフォーマンスの低下を引き起こすことになる。
ヒューマンアイテックは、同じサイズのローラーを複数配置し、各コーナーの角度に合わせて動かすことでこの問題を解決。特許も出願した。
チェ・ジュンシクヒューマンアイテック代表は、「90度の角度はもちろん、120度、160度まで対応できるようにローラーを設計した」とし「現在、この技術を搭載したラミネートデモ機器を製作している」という。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP