折り畳み式スマホ来年800万台規模、サムスンや関連企業に追い風

韓国のDB金融投資は10日、半導体業界について「来年フォルダブルフォン市場が600万〜800万台レベルまで増加するものと見られる」とし「これにより部品、素材、モジュールメーカーなどの恩恵が期待される」と分析した。 大型株では、サムスン電子(51,000 -0.39%)を、中小型株ではハンソルケミカル(95,300 0.00%)と徳山ネオルックス(20,950 -2.56%)を最適株に挙げた。

同証券会社のオ・ギュジン研究員は「現在のフォルダブルフォンは月に10万台レベルの限定的な販売に過ぎないが、来年には本格的な販売増加が期待される」とし「このようなフォルダブルフォンパネル供給増加分は、ほとんどサムスンディスプレイのものであるが、既存A3、 A4ライン稼働率の上昇で十分対応可能な量」と説明した。
続いて「来る2021年には、サムスン電子だけでなくHUAWEI、モトローラ、シャオミなどのグローバルスマートフォンメーカーによるフォルダブルフォン発売が本格化され、スマートフォン市場全体の1%を超える1600万台レベルまで増加する見通し」とし「これはA5新規ライン投資とグローバルパネルメーカーの生産本格化につながるだろう」と観測した。

さらに「来年サムスンディスプレイ稼働率の上昇に伴う恩恵のほとんどは既存の企業が享受する可能性が高いと判断される」とし「セギョンハイテク社、KHバテク社、ファインテクニクス社などの株価はここ数ヶ月の間に2倍以上急騰した」と述べた。
また、「素材メーカーは新規投資がなくとも、稼働率が維持されるだけで着実に売上げが発生するという長所がある」とし「サムスンディスプレイは(来年)、フォルダブルフォン販売の増加による稼働率の上昇とQD OLED量産による関連素材の供給増加が期待される」と付け加えた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP