サムスンがソウルの地下鉄駅90箇所に4218台のデジタルサイネージ設置

サムスン電子がソウル地下鉄の90に上る駅にスマートサイネージを設置した。
サムスン電子は、ソウル交通公社の推進する地下鉄総合案内のデジタル化事業に参加し、サムスンのスマートサイネージ・4218台を設置したと11日、明らかにした。

サムスン電子は、ソウル地下鉄1〜4号線の乗り場、待合室、出口などに設置されていたアナログの案内図を49型、65型サイズのタッチ型スマートサイネージに置き換えた。 これにより、地下鉄利用客はモバイルアプリケーションを使用しているかのように地下鉄路線と時刻表、周辺情報、交通情報などをリアルタイムで利用できるようになった。
また、出入口番号を案内していた標識も横長サイズのサイネージに交換することで読みやすくし、乗り場と待合室にはUHD級高画質コンテンツを表示できる85型の大型サイネージを設置し、広告媒体としても活用できるようにした。

今回の選定されたサムスンのスマートサイネージは、1日24時間365日運用しても問題なく、IP5X等級防塵認証を受けた製品であるのとから、流動人口の多い場所でもほこりや異物に影響されないのが特徴だ。
また、ディスプレイ前面に無反射処理の視認性を高め、500ニット(Nit)以上の明るさによって、混雑した駅のなかでも鮮明に情報を伝達することかできる。
キム・ソッキ サムスン電子映像ディスプレー事業部副社長は、「ソウル交通公社と総合案内のデジタル化事業をできて喜ばしい」とし「今後も差別化された技術で、消費者の日常をより便利にするために貢献したい」と述べた。
一方、調査会社IHSによると、サムスン電子のスマートサイネージは、2019年第2四半期数量ベースで28.5%のシェアで11年連続で世界1位を維持しているという。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP