サムスンQLED TVが欧米商戦で絶好調

サムスン電子が欧米市場のブラックフライデー期間においてTV販売で1位を記録した。 特に主力製品であるQLED TVがよく売れたようだ。聯合ニュースなどが伝えている。
15日、市場調査会社であるNPDとGfKの集計によると、サムスン電子は感謝祭とブラックフライデーシーズン(11月25日〜12月1日)に、米国とヨーロッパでQLED TVをそれぞれ約13万台と16万台を販売した。
プレミアムTV市場で、サムスンQLEDと競争関係にあるOLED(有機EL)TV全体の販売台数と比較すると、米国では約4倍、欧州では1.5倍も多く売れた形になる。

また、この期間75インチ以上の超大型TV市場でも、サムスン電子は、米国、欧州、ブラジルなどで60%レベルのシェア(金額ベース)を記録。
米国では、シェアが59.6%となり、2位のLG電子(21.5%)、3位のソニー(14.4%)を大きく上回った。
欧州市場シェアも60.2%に達し、LG電子(17.1%)、ソニー(15.1%)の3倍以上であった。
ブラジルでは、サムスン電子(63.1%)とLG電子(33.2%)が96.3%を占め、ソニーは3.6%にとどまった。

サムスン電子は、TV全体の売上高においても、米国で約40%、欧州で約35%、ブラジルで約49%などのシェアを達成。特に米国市場では、サムスンが39.7%を占め、LG電子(13.4%)とビジオ(9.1%)、ソニー(6.0%)、TCL(5.5%)などの2〜5位のシェア合計よりも上回ったという。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP