韓国企業がバッテリー素材をセントラル硝子に供給か

韓国のチュンボ社(Chunbo Co., Ltd)がバッテリーの核心素材の一つである電解質を日本企業であるセントラル硝子に供給したという。韓国メディア・ジイレックが報じている。セントラル硝子もバッテリー電解質を作る会社であり一部チョンボ社と競合するが契約を結んだとのこと。
チュンボ社はセントラル硝子の韓国法人である韓国セントラル硝子と862万ドル規模のバッテリー電解質供給契約を締結したという。来年4月から2022年3月まで供給が行われるとのこと。 今後バッテリー市場の拡大に伴い供給量が増えることがある。
具体的にはどのような製品が対象なのかは明らかにされていないという。 チュンボ社とセントラル硝子は、リチウムジフルオロオキサレートホスフェート(LiDFOP)の市場で競争している。ジイレックの推定では、セントラル硝子が作れずチュンボ社が価格競争力を確保しているジフルオロリン酸リチウム(LiPO2F2)が対象だという。この電解質は、電池の寿命を増やし、充電時間の短縮効果があるという。
LiPO2F2は2018年3月から量産が行われたという。 現在、工場の稼働率は100%とのこと。スマートフォンや円筒形電池に使われる六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)は㎏当たり2万ウォン(約1,880円)だが、LiPO2F2の場合、10万ウォン(約9,415円)と5倍以上高いという。
チュンボ社のバッテリー素材事業の営業利益率は第3四半期基準で19%を記録。 第3四半期の61億ウォンの営業利益のうち、約12億ウォンがバッテリー素材事業で発生したという。
バッテリー電解質は、陽極材、陰極材、分離膜とならび4大核心素材として挙げられる。 バッテリーのコストに占める割合は10%台。
チュンボ社は1997年に設立された。 本社は忠清北道清州にある。 主な事業分野は、電子材料(LCDエッチング液添加剤、半導体プロセス材料、OLED材料)、バッテリー素材(電解質、添加剤)、医薬品素材(医薬品中間体)などである。 今年2月にコスダックに上場。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP