LG電子がAI洗濯機を公開

LG電子が「人工知能DD(Direct Drive)モータ」を搭載した「ツインウォッシュ」という新製品を公開し、米国プレミアム洗濯機市場の攻略に乗り出すようだ。
人工知能DDモーターを適用した新製品(モデル名:WM4500HBA)は衣類の重量を検出し、約2万件のビッグデータから衣類の材質を判断するという。6モーションの中で最適なモーションを選択する。
LG電子は、大容量を好む米国の消費者を考慮し、欧州市場に出す製品(24インチ)よりも大きい27インチのサイズを投入するという。
ユーザーは、LGシンキュ(LG ThinQ)アプリを介して消耗品を注文する・「アマゾンダッシュ(Amazon Dash Replenishment Service)」を利用することができるという。 このサービスは、洗剤が切れたとき、ユーザーが直接購入しなくても自動的に洗剤を購入しくれるという。
また、2020年3月に米国で本格的にローンチされるプロアクティブサービス(Proactive Customer Care)も利用することができる。 このサービスは、製品の状態を最適な状態で管理してくれる。 また、製品の動作状態を分析し、予想される故障を事前に検出し通知するという。
LG電子は来年1月7日、米国ラスベガスで開催される世界最大IT・家電展示会「CES 2020」において、人工知能DDモーターが搭載されたツインウォッシュの新製品を展示する。
LG電子、H&A事業本部長ソン・デヒョン社長は「人工知能DDモーターを搭載したツインウォッシュを前面に出して、北米プレミアム洗濯機市場での優位性を強化する」と述べた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP