ソウル半導体がマイクロLED量産へ

韓国企業のソウル半導体(서울반도체주식회사)が、子会社であるソウルバイオシス(서울바이오시스)と共に、今月7日(現地時間)から10日まで米国ラスベガスで開催される世界最大IT
・家電展示会「CES 2020」において、新概念のディスプレイとして「マイクロクリーンLED(Micro Clean LED)」を披露すると、6日発表した。
 マイクロクリーンLEDは、ソウルバイオシスが主導的に開発したという。 解像度4KTVの42インチから220インチまでを1つのピクセル(pixel)として実装することができる技術であるという。量産体制の構築が完了し、今回のCES 2020において披露するという。
ソウルバイオシスはRGBの3色すべてのEPI基板成長のためのMOCVDから、これまで難題であった小型マイクロ(μ)単位のRGBチップ(Chip)を転写(Transfer)する技術まで確保し量産に必要な準備を終えたとのこと。 ソウル半導体は、表面実装技術(Surface Mounted Technology、SMT)製造自体工程を備え、大画面を作成するための基板と、基板の接続技術であるタイリング(Tiling)技術も確保したという。 また、マイクロLEDの3大難題の一つであった転写技術、カラーミキシング、RGBそれぞれの色の明るさの調整などを解決し、コストを3分の1の水
準に下げたという。
マイクロLEDは従来のLCD(液晶表示装置)とOLED(有機発光ダイオード)ディスプレイより1000倍速い応答速度と約30%の消費電力低減が可能である。 ソウルバイオシとソウル半導体は、マイクロLEDの基本技術を10年以上前から蓄積してきたという。
世界2位のLED専門企業であるソウル半導体は自社の技術を保護するため積極的に特許紛争に乗り出す企業としても有名である。 現在1万以上の特許技術を保有しているという。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP