サムスンのQDディスプレイ印刷装置は韓国企業が供給か

サムスンディスプレイが来年稼動予定であるQDディスプレイの生産ラインにおいて、米国Kateeva社のインクジェット印刷装置を導入せず、サムスンの子会社であるセメス(SEMES)から導入するようだ。韓国メディア・ジイレックが報じている。

ライン量産に必要な量子ドット(QD)カラーフィルター形成用のインクジェット印刷装置5台と薄膜であるキャップ(TFE)の印刷装置2台ともに、サムスンの子会社である国内機器メーカー・セメス社から導入するという。

ジイレックによると、業界関係者は「当初はKateeva社の方が評価も高く、価格条件も良かった」としつつ「技術内製化の面でセメスが選ばれたようだ」と述べたという。

サムスンディスプレイは、昨年10月にQDディスプレイの投資計画において「インクジェット印刷装置、新規材料開発などQDディスプレイ量産技術の確保のため、国内メーカーとのパートナーシップを拡大していく計画」と明らかにしていた。

ジイレックによると、サムスンディスプレイの協力機器メーカーの関係者は、「Kateeva社は、現在の会社存立自体が難しい」とし「Kateevaの社員の一部も最近セメスに移った」とも述べたという。

サムスン電子は、2014年にサムスンベンチャー投資(SVIC)を介してKateeva社のDラウンド投資に参加したことがある。カティバーは、Dラウンドで3800万ドルを誘致した。

(写真:セメス社のインクジェット印刷装置=セメス社HP)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP