サムスン株価史上最高値更新、SKも20年来の高値。半導体回復見通し受け

半導体業況改善の見通しに支えられ、サムスン電子とSKハイニックスの株価が高値を更新している。サムスン電子は史上最高値をさらに更新し、SKハイニクスは20年来の高値を付けた。

サムスン電子は10日午前9時24分現在、韓国KOSPI市場において、前日比9000ウォン(1.54%)上昇の5万9500ウォンで取引されている。前日、サムスン電子は5万8600ウォンで取引を終え、1975年6月に韓国取引所に上場されて以来、45年ぶりに最高値を更新していた。

SKハイニックスもこの日、前日比200ウォン(0.2%)上昇の9万9200ウォンを記録。これは、2001年2月8日に10万5019ウォンを記録して以来の、20年ぶりの最高値となっている。

サムスン電子は8日、昨年第4四半期の暫定実績で発表し、市場予想値を上回る水準であった。証券業界アナリストは、サムスン電子のメモリ半導体部門の利益が予想よりも早く回復すると予想し、目標株価を相次いで上方修正していた。

株価の高騰により、両社を合わせた時価総額は421兆ウォン(約37兆円)を超え、KOSPI市場全体の時価総額の30%突破する勢いとなっている。

イ・スンウ ユージン投資証券研究員は、「”NAND型に続きDRAM現物価格も目に見えて上昇し始めており、半導体の輸出もU字型に回復する兆しが現れている」とし「メモリサイクルの回復に支えられ、今年の実績は、売上高31兆4000億ウォン(約2.9兆円)、営業利益7兆ウォン(約6600億円)で、前年よりそれぞれ17%、140%増加するものと期待される」と分析した。彼はまた、「地政学的リスクが浮上しているが、今年の実績改善幅が最も大きいセクターが半導体であることの判断には変わりがない」と付け加えた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP