韓国コセス社とサムスン、マイクロLEDリペア装置供給で協議か

 
韓国のコセス社(KOSES/코세스)がサムスン電子との間で、マイクロLEDリペア装置の追加供給を協議中であるという。同国のソウル経済新聞によると、マイクロLEDの核心装置として挙げられるリペア装置は、コセス社が唯一量産に成功しており、2018年にサムスン電子に供給した経緯があるという。

サムスン電子は今年、マイクロLEDテレビの生産を拡大するための初期設備投資を進める予定であるとされている。同紙によると、コセスの関係者は「過去にサムスン電子にマイクロLEDリペア装置を納品したことはあるが、この件に関しては回答できない」と伝えた。

次世代ディスプレイとして注目されるマイクロLEDは、それぞれのLEDが画素の役割をする完全な自発光ディスプレイだ。より薄く柔軟な素材に適用させられるという長所がある。LCDと比較してエネルギー効率が高く、OLED比30倍以上の明るさを提供する。しかし、超小型LEDチップを付着させるため収率が重要となる。5-100㎛(マイクロメートル・100万分の1m)サイズの超小型OLEDを緻密に配置する生産工程が容易ではないからだ。

こうした中、コセス社のレイザーリペア装置がマイクロLEDの核心装置として浮上している。同紙によると、マイクロLEDの生産には、転写技術(ハンコを押すように転写する技術)が適用され、レイザーリペア装置がディスプレイ製造工程で不良LEDを選別し修理しながら収率を上げる効果があるという。同紙によると、マイクロLED関連のある研究員は、「4Kディスプレイは2,500万個程のマイクロLEDチップが入っているため、不良率が0.01%でも発生した場合、2500個の画素で不良が発生する可能性がある」とし、「100%の収率はありえないため、生産収率を高めるためのリペア装置が必須」と説明したという。

サムスン電子は昨年、米CESにおいて、世界初のモデュール量産型の146インチマイクロLEDテレビ「ザ・ウォール・ラグジュアリー(The Wall Luxury)」を公開した。サムスン電子映像ディスプレイ(VD)ハン・ジョンヒ社長は今年1月、米ラスベガスで開かれたイベントにおいて、75・88・93・110インチの家庭用マイクロLEDテレビ製品群4種を公開し、今年下半期に、欧州、北米、中東などで発売するという目標を掲げた。
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP