昨年のスマホODM市場18%増

25日、市場調査会社カウンターポイントリサーチによると、昨年のODMスマートフォンの数量シェアが前年比18%増えたことが分かった。ODMは外注業者が製品を直接設計・生産する方式である。
カウンターポイントは、「ODMメーカーの「ターン・キー契約」方式が昨年目立った」とし「サムスン電子とOPPO(オッポ、中国)、Realme(リアルミー)、シャオミ(小米科技)、LG電子の注文が増えODM市場が成長した」と明らかにした。また、「Huawei(ファーウェイ社)は、ODM契約を減らし、内部設計、外注生産に戦略を変えた」と伝えた。
ODMの市場シェアは、ウィングテック・テクノロジー(Wingtech、聞泰科技)が27%で1位だった。続いてファーチン(Huajin、華勤)が21%、ロングチア(Longcheer、龍旗)が11%、チュンヌオ(CNCE中諾通信)が7%なっている。
同時に、昨年の設計専門企業(IDHインディビジュアル・デザイン・ハウス)市場は前年比8%減少した。IDHは設計だけ外注業者に任せる方式である。同市場では、ロングチアが41%で1位であった。ウィングテックが29%で2位、ファーチン(Hwa Chin 華進)が25%で3位となった。
昨年、スマートフォンODMとIDHを加えた市場シェアは前年比4%上昇した。同市場は、ウィングテックとファーチン、ロングチアが導いた。この3メーカーのシェアは、2018年の52%から2019年は68%まで上昇した。ウィングテックは、サムスン電子からの受注量が増えた。ファーチンは、昨年ファーウェイとの契約が中断されたが、下半期に取引先を増やし二桁台に成長した。ティーノモバイル(Tinno、天瓏)は、移動通信会社と海外の相手先商標製品製造(OEM)の物量が増えた。スマートフォン設計方式では、製品を自社設計および生産するインハウス方式が73%で、ODMとIDHを合わせた27%より多い。
カウンターポイント社のイードン・キー研究員は、「今年5Gが急成長している一方、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散で市場の不確実性が高まっている」とし「ODMとIDHメーカー間の競争が激しくなるだろう」と予想した。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP