LGディスプレイ、ローラーブルOLEDパネルの出荷に問題か

(写真:LGのローラーブルOLEDテレビ=同社提供)
LGディスプレイがローラーブルOLEDテレビパネルのガラス基板の収率の低さに頭を悩ませているようだ。韓国メディア・ジイレックが報じた。
同紙によると、LGディスプレイのローラーブルOLEDパネルは一般的なリジットOLEDパネルに使われるガラス基板を使用するという。ガラス基板の上に薄膜トランジスタ(TFT)形成、有機発光層の付着などを行う。ただし、ローラーブルOLEDパネルは偏光板のラミネート加工を行う前に、ガラス基板を薄くする工程が追加で施されるという。

 LGディスプレイはローラーブルパネルを構成するために、ガラス基板の厚さを0.2mm以下にする。しかし、同紙は、この工程の収率は低いと知られているとし、基板が薄く、完成品の組み立て過程で破れる可能性も大きいため、損失率も大きいと指摘。既に、昨年発売予定だった65インチ4KローラーブルOLEDパネルの出荷が遅延されていることも、ガラス基板の薄化工程の収率が関与しているとの見方を同紙は示す。
 LGディスプレイは現在、改善策を模索中であるという。既存のガラス基板では、低い収率と高コストという課題が解決し難いからである。業界が提示する解決策は2通りある。ガラス基板の代わりにプラスチック素材のポリイミド(PI)基板を用いるか、または、キャリアの上に透明PIや超薄ガラス(UTG)を載せる方式が言及されている。 
 LGディスプレイは昨年中にローラブルOLEDパネルを発売すると予告していたが、以後、発売時期は今年の上半期に延期された。ローラーブルOLEDパネルはバックライトがなく、薄くて曲げることが可能であるため、パネルをテレビの本体の中に曲げて収納することができる。ローラーブルテレビは昨年のCESで初めて公開された。LGディスプレイはローラーブルパネルの基板の素材について公式的な発表はしていない。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP