ヒュンダイ系列社、韓国軍に自律走行車供給へ…リモート射撃や追跡が可能に

その他

ヒュンダイ系列社、韓国軍に自律走行車供給へ…リモート射撃や追跡が可能に

韓国で鉄道車両や軍用兵器を製造するヒュンダイロテム社(HYUNDAI ROTEM)が、韓国政府から軍用多目的無人車両のサプライヤーとして選ばれたことが分かった。

ヒュンダイロテムは24日、韓国防衛事業庁が発注した「多目的無人車両迅速試験獲得事業」を受注したと明らかにした。ヒュンダイロテムは、契約締結日から6ヶ月以内に2t級多目的無人車両2台と軍での試験運用のためのサポートシステムを供給する予定であると説明した。

多目的無人車両は、任務に応じて、様々な機器を搭載し運用することができる2t以下のリモート及び無人運用車である。同社によると、未来の戦場環境で予想される危険地域の調査及び偵察と火力支援が可能将兵生存性を強化することができ、近接戦闘シーンでの弾薬と戦闘物資を補給し、戦闘時に発生した患者を搬送するなど多目的で活用できるのが特徴であるという。

ヒュンダイロテムは、今回の受注により、多目的無人車両の電力化事業など、将来性のある様々な無人システム事業において優位を得たと強調。ヒュンダイロテムは2t級多目的無人車両のほか、今後の需要に応じて、様々な用途の無人車両を追加で開発する予定だ。

韓国陸軍は、さまざまな戦闘プラットフォームに第4次産業革命時代の先端技術を融合する「アーミータイガー(Army TIGER)4.0」の計画を発表するなど、無人システムの導入に乗り出している。ヒュンダイロテムは韓国だけでなく、他国にも供給したい狙いだ。

ヒュンダイロテムが今回供給する多目的無人車両は、同社が開発した「HR-シェルパ(HR- Sherpa)」をベースに、リモート武装ユニット(Remote Controlled Weapon Station、RCWS)を搭載したもので、遠距離での目標自動追跡や、同射撃の性能が強化されたモデルである。

同社によると、HR-シェルパはエアレスタイヤ(Airless Tire)を装着し、敵の攻撃にもパンクせずに持続起動することができ、360度の位置の回転が可能である。また、リモート走行をはじめ、車両の前に位置する人員を追う「依存走行」、指定したパスを自ら探索して移動する「経路点自律走行」などの無人車両の利点を最大化した走行能力を保有しているという。

HR-シェルパは昨年、「2019韓国ASEAN特別首脳会議」をはじめ、今年の「72周年 国軍の日記念行事」、「2020大韓民国防衛産業展(DX Korea 2020)」などの主要なイベントnioite,
自律走行能力を実証するなどした。

ヒュンダイロテムの関係者は、「無人システムは、民間でも活用可能性が高い高度な技術であり、関連市場の成長の可能性が高い」とし、「多目的無人車両など無人システム部門の競争力を強化し、国内外の市場で着実に成果を出すことができるよう努力する」と述べた。続いて「自律走行など、ヒュンダイ自動車グループの最先端技術を電車と装甲車無人化に適用し、国防科学技術の発展と軍戦闘力の強化に貢献するために最善を尽くした」と付け加えた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない