ヒュンダイが新EV「アイオニック5」を一部公開…初の自社プラットフォーム適用モデル

その他

ヒュンダイが新EV「アイオニック5」を一部公開…初の自社プラットフォーム適用モデル

ヒュンダイ(現代)自動車は13日、「アイオニック5」のティーザーイメージと中核技術を盛り込んだ映像4本を公開した。
 
(参考記事:「ヒュンダイ自動車がディーゼルエンジンの開発全面中断か…EVなど次世代車に集中?」)
 
「アイオニック5」は、ヒュンダイ自動車グループの電気自動車専用プラットフォーム「E-GMP」を初めて適用したモデルだ。 E-GMPは1回の充電で最大500km以上(以下WLTP基準)走行でき、800V充電システムを備えているため、超高速急速充電器の使用時は18分以内に80%の充電が可能である。

「アイオニック5」のヘッドランプやテールライト、ホイールなどにアイオニックブランドの核心デザイン要素である「パラメトリックピクセル」が適用された。 パラメトリックピクセルは、イメージを構成する最小単位のピクセルを形象化してデザインした「アイオニック5」ならではの差別化されたデザイン要素だ。 アナログとデジタルを融合し、世代を貫くという意味を盛り込んでおり、これは今後発売されるアイオニックブランド車にも適用される予定だ。

前面には、ヒュンダイ自動車としては初めて、上段部全体を覆うクラムシェルフードを適用し、面と面とが出会って線に分かれるパッティングラインを最小化した。 これを通じて流麗ながらもハイテク的な印象を完成し、側面部は現代車電気車の歴代最大直径である20インチの空気力学構造を適用したホイールを搭載して完璧な電気自動車の比率を具現した。

この日、ヒュンダイ自動車がティーザーイメージとともに公開した映像は、「アイオニック5」を通じて消費電力が高い電子製品を活用する「究極のキャンプ」3本と、「アイオニック5」が多様なデジタル機器と充電関連対決を繰り広げる「5分チャレンジ」1本だ。

究極のキャンプ映像は、一般電源(110220V)を車の外部に供給できる「アイオニック5」のV2L技術を通じて、家庭用電子製品をキャンプに活用する姿を描いた。 各映像の中には、「アイオニック5」V2Lの3.5KWの高電力を活用し、キャンプ場所で▲大型電気オーブンで七面鳥料理をする姿▲複数のハイエンドスピーカーで音楽鑑賞をする姿▲ランニングマシーンで運動する姿などがある。

5分チャレンジ映像は、5分充電で100キロ以上走行が可能な「アイオニック5」の超急速充電機能を主人公たちの対決構図方式を通じて興味深く見せてくれる。 「アイオニック5」やアクションカメラ、ラップトップ、スマートフォンを5分間充電し、誰がより長く持ちこたえるのか競争する姿を、映画トレーラー(予告)の形で見せてくれる。

ヒュンダイ自動車は来月、オンラインを通じ、「アイオニック5」公開行事を進める予定だ。 ヒュンダイ自動車の関係者は「専用電気自動車の初モデルである「アイオニック5」の顧客に新しくて多様な経験を提供していく」とし「今後アイオニックブランドは顧客経験に対するパラダイムを変えていく」と述べた。
 
動画は以下の4種類が公開された。

究極のキャンプ(料理編)https://youtu.be/nnrqDV6j0ws
究極のキャンプ(サウンド編)https://youtu.be/RllZBxBp6so
究極のキャンプ(ランニング編)https://youtu.be/Fm56BeR3trM
5分チャレンジhttps://youtu.be/CjkBgVZ7TSs
 
(参考記事:「[特集]アップルカーは韓国ヒュンダイと共同開発か…電池も含む」)
(参考記事:「ヒュンダイがSUV約50万台を米国でリコール…火災リスクにより屋外駐車要請」)
(参考記事:「米自動車市場で韓国車がドイツ抜き4位浮上…日本産など大幅減のなか唯一増加」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない