LGがテスラ向け4680電池を開発中か…パナソニックと競合

EV電池

LGがテスラ向け4680電池を開発中か…パナソニックと競合

LGエナジーソリューション(LGES)が、4680円筒形電池を開発しているとの報道が出ている。
 
(参考記事:「LGがニッケル90%のNCMAバッテリーをテスラに供給か」)
 
韓国のデジタルデイリーは4日、業界情報を基に、「LGエネルギーソリューションは、4680円筒形電池を開発している」と報じた。テスラ向けとみられる。

4680電池は直径46ミリメートル(mm)高さ80mmの製品であり、既存の2170(直径21mm・高さ70mm)電池に比べ▲容量5倍▲出力6倍▲走行距離を16%増やすことができるとされる。イーロン・マスク=テスラの最高経営責任者(CEO)が昨年9月に「バッテリー・デー」において自社生産することを明らかにし話題となった。

LGエナジーソリューションは、以前にも4680バッテリーの生産準備に着手したことを示唆していた。 2020年の第3四半期(7~9月)の実績カンファレンスコールで、「円筒形電池を適用する20以上の顧客を確保し、従来比エネルギー密度5倍、出力6倍以上の新規フォームファクタの製品開発を通じて地位を強化する」と明らかにしている。

4680バッテリーについてはパナソニックも開発に着手している。梅田博和CFOは、10月の実績発表において、テスラ向け新型電池4680について「すでに開発に着手している」と明らかにしている。

デジタルデイリー紙によると、バッテリー業界関係者は、「パナソニックがテスラの独占地位は失ったが、いまだ取引量が最も多い」とし、「LGエナジーソリューションがパナソニックの物量を獲得するためには様々な努力が必要になるだろう」と述べたと伝えている。

 
(参考記事:「韓国でテスラ乗員の死亡事故受け、安全性に疑問噴出…「電気が切れるとドアが開かない」」)
(参考記事:「テスラに韓国DIC社が減速機ギアなど20万点納品か…報道受け株価急騰」)
(参考記事:「LGがドゥサン社に投資か…テスラへ電池箔供給可能性の企業」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない