LGディスプレイ、選挙放送で「透明OLED」技術活用

ディスプレイ

LGディスプレイ、選挙放送で「透明OLED」技術活用

 
LGディスプレイは同国のMBC放送と共同で、明日15日に放送される総選挙の開票放送「選択2020」において、次世代ディスプレイである「透明OLED」を活用すると発表した。 「透明OLED」が一般視聴者に公開されるのは今回が初めてだ。

「透明OLED」は、画面がガラスのように透明で、電源が入っているときでも、パネルの後ろを見ることができるディスプレイだ。店頭ショーウィンドウやオフィススペースなどでの活用が期待されている。

LGディスプレイとMBCは、「透明OLED」 6台をメインスタジオ内の出演席などに設置し、開票状況など、さまざまなコンテンツを画面に表示させ、まるでSF映画のような状況を演出することで、視聴者に新鮮な経験を提供するという計画であるという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。