中国のスマホ市場、3月は前月比232%回復

スマホ

中国のスマホ市場、3月は前月比232%回復

 
韓国のユージン投資証券は16日、発表したレポートのなかで、先月の中国国内のスマートフォン出荷量が急回復を見せたと明らかにした。

中国の情報通信研究院の発表では、3月の中国国内のスマートフォンの出荷台数は2103万台で、前月比232%の回復傾向を見せた。

去る2月は新型コロナウイルスの影響で出荷量が急減したが、先月には中国内の経済活動の再開や工場の稼働により、回復局面に入ったことが分かった。

ただし、前年同期比ではマイナス22%の減少となっている。

3月の出荷量のうり、5Gスマートフォンの出荷は622万台となり前月比で161%増加した。全体のうちのシェアは28.6%だった。

第1四半期の中国の内需スマートフォンの出荷台数は4,895万台となった。前年比36%減の数字だ。

ユージン投資証券のイ・スンウ研究員は「先月(3月)、中国市場での合計24点のスマートフォンモデルが発売された」とし「5G買い替え需要が今年下半期における中国のスマートフォン需要の核となるだろう」と予想した。

イ研究員は、「中国市場ではサムスンとアップルが中低価格スマートフォンの発売によってシェア防衛に乗り出しているという点で、今年のスマホ市場の変化を見ることができる」とした。アップルは14日、低コストのiPhone新作の第2世代のiPhone SEを発表した。

イ研究員は、「国別に新型コロナウイルスが与える影響や期間は異なる」とし「ただし、下半期に入り、中国で観測されているようにV字反発が起きる可能性が高い」と予想した。
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない