米ザイリンクスがサムスンに5G加速化ACAP

半導体

米ザイリンクスがサムスンに5G加速化ACAP

 
米半導体企業のザイリンクス(Xilinx)は15日、サムスン電子がザイリンクスの「Versal」適応型コンピューティングアクセラレーション・プラットフォーム(ACAP:Adaptive Compute Acceleration Platform)を採用したと発表した。

ザイリンクスの「Versal」対応型ACAPは、複数の地域の様々な通信事業者のニーズを処理することができる、柔軟で拡張可能な単一のプラットフォームを提供するという。

ジョン・ジェホ=サムスン電子ネットワーク事業部、R&D責任者兼上級副社長は、「サムスンは5G技術のリーダーシップを強化し、新たな5G時代をリードするためにザイリンクスと緊密に協力している」とし「ザイリンクスの新しい高度なプラットフォームをサムスンソリューションに導入することにより、5Gの性能を一歩発展させ、グローバル市場でのリーディングポジションをさらに加速することができるものと期待している」と述べた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。