サムスンが西安に技術者を派遣へ。NAND工場量産のため

半導体

サムスンが西安に技術者を派遣へ。NAND工場量産のため

 
サムスン電子が中国に半導体の技術者を派遣するため、中国当局と協議中であることが分かった。新型コロナウイルスの影響により外国人の入国を規制している中国だが、サムスンの技術者の「特別入国」が許可されるようだ。ただし、入国してから7~14日間は隔離される可能性が高い。

19日、韓国各紙は、サムスン電子が半導体事業部門の社員を中国に派遣するため協議中であると報じた。

派遣される技術者は、中国陝西省にあるサムスン電子の西安半導体生産ラインの増設作業に投入されるという。

サムスン電子は去る3月10日、西安第2工場の第1段階の投資出荷記念行事を現地で開催している。新型コロナウイルスの拡大にも関わらず、2018年3月の起工式以来、予定どおり工場の稼働に成功していた。西安第2工場は、現在量産準備を終え、第二段階の工事を控えているとされる。

2017年8月、サムスン電子は西安工場について陝西省政府とMOUを締結し、3年間で合計70億ドルの投資計画を明らかにした。西安工場は、サムスン電子の唯一の海外メモリ生産拠点だ。第1工場と第2工場はNAND型(V-NAND)を量産する。第1工場は2012年に着工し2014年に稼動を開始していた。

第2工場は第二段階の工事が予定されている状態だ。派遣された社員も当該工事に参加するとみられる。第一段階(70億ドル)と第二段階(80億ドル)で総額150億ドルを投資する。第二段階の工事完了後、第2工場の生産能力はウェーハ基準で月13万(130K)枚レベルとなり、第1工場(12万枚)と合わせると、合計25万枚に達するという。
 
(写真:西安にあるサムスンの半導体工場全景=同社提供)
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない