サムスン、「Galaxy Tab S6 Lite」を発売へ

スマホ その他

サムスン、「Galaxy Tab S6 Lite」を発売へ

 
同製品は、7mmの厚さと465g(Wi-Fiモデル基準)の重さで、優れた携帯性を備えていると同社は強調。スマートフォンと連動し、自動ホットスポットを設定すると、タブレットでもワンタッチでデータ接続が可能であり、同一のサムスンアカウントに接続されたスマートフォンが受信する電話やテキストメッセージも確認できるという。また、最大8人までのビデオ通話をサポートする「グーグルデュオ(Google Duo)」と、特段の接続過程なしにコンテンツを機器間で共有できる「クイックシェア(Quick Share)」機能もあるという。

この他にも、同製品は、263.1mm(10.4型)ディスプレイと3Dサウンドを実現するAKGデュアルスピーカーを備え、様々なコンテンツを楽しむことができるという。最大1TBの外付けマイクロSDカードをサポートし7,040mAhの大容量バッテリーが搭載された。

同製品は、LTEとWi-Fi、二つのモデルが発売される。価格は内蔵メモリの容量に応じてLTEモデルが49万5千ウォン(64GB)、53万9千ウォン(128GB)であり、Wi-Fiモデルが45万1000ウォン(64GB)、49万5千ウォン(128GB)である。サムスン電子のホームページや韓国内の量販店などで購入することができる。サムスン電子は29日、公式発表に先立ち22日から27日まで事前予約を行う。

サムスン電子は同製品の発売を記念し、購入客を対象に、さまざまな特典も用意していると説明した。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない