サムスン「QLED 8K TV」が独専門誌で歴代最高評価

ディスプレイ

サムスン「QLED 8K TV」が独専門誌で歴代最高評価

 
サムスン電子は、今年発売したQLED 8KTVが、ドイツの映像・音響の専門評価誌「ビデオ」から歴代最高のTVという評価を受けたと22日明らかにした。

サムスン電子によると、欧州内で最も権威ある媒体の一つである同紙が、QLED 8K Q950TSモデルについてTV部門歴代最高点である956点を付与したと説明した。同スコアは、2019年型QLED TVが記録した該当部分最高点である949点を自ら塗り替える記録であったという。

同誌は「QLED 8K Q950TSは最高の画質を示し、すべての機能を完全に備えた未来志向的な製品である」と評価したとのこと。特に、色が豊富で正確に表現していることを示す指標である「カラーボリューム」と高輝度をサポートするHDR機能に高いスコアを与えたというのがサムスン電子側の説明だ。

他にも▲高級で洗練されたデザイン▲ビデオストリーミングサービスアプリが充実したスマートプラットフォーム▲ユーザー中心の簡単なTV操作などを好評した。

サムスンQLED 8Kについて同紙は、TV部門最高点更新だけでなく、▲最高画質の製品に授与する「リファレンス」賞▲革新性に優れた製品に授与する「イノベーション」賞▲注目すべき製品に授与する「ハイライト」賞▲優れたデザインが適用された製品に授与する「デザインチップ」賞など4つの部門賞を同時に与えたとされる。4部門同時受賞はTV業界では初であるとのこと。

サムスンの「QLED 8K Q950T」Sは、3月の発売以来、「フォーブス」、「AVフォーラム」、「トラステッドレビュー」、「HDグル」など、欧米の主要経済紙と専門評価媒体から好評を得ている。

サムスン電子映像ディスプレー事業部のチュ・ジョンソク副社長は「より多くの消費者がQLED 8Kが提供する圧倒的画質と新しいライフスタイルを体験できるように努力する」と述べた。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない