プレミアム製品群を増やすサムスンとLG

ディスプレイ

プレミアム製品群を増やすサムスンとLG

サムスン電子とLG電子が下半期にスーパープレミアムテレビ合戦を繰り広げる予定だ。 サムスン電子はマイクロLEDテレビ、LG電子はローラーブル•OLEDテレビを発売する。韓国メディア・アップル経済紙は、スーパープレミアム市場は技術力の象徴であり、ブランド構築効果が高いと指摘する。

サムスン電子は家庭用マイクロLEDテレビを発売する。マイクロLEDはこれまで商業用ディスプレイが中心だったが、家庭用として適度なサイズを生産し下半期に発売する計画だ。 現在、量産技術や歩留まり向上などのため、技術開発を続けており、生産能力も補強する予定だ。ただし、家庭用製品に見合う価格になるかは未知数だ。

LG電子は遅くとも3四半期中にローラーブルOLEDテレビ「LG SIGNATURE•OLED TV R」を発表する予定だ。2019年にCESで初公開された製品だ。価格は1億ウォン(約874万円)前後と予想されている。

サムスン電子は昨年下半期に発売した146インチマイクロLEDテレビの場合、40万ドル (約4億7000万ウォン、約4099万円) に達した。 LG電子は2015年、105インチのウルトラHDテレビを1億2000万ウォン(約1047万円)で発売している。

スーパープレミアムより一段低いとされるプレミアム市場は、すでに激しい競争が行われている。 プレミアム市場でサムスン電子は冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、掃除機、衣類清浄機、乾燥機、インダクションなどラインナップを広げている。

LG電子はプレミアム製品のための別ブランドを構築。 「LG SIGNATURE」というブランド名により、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、ワインセラー、エアコン、空気清浄機などにラインナップを広げている。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない