シャオミが150MPスマホを今年末発売か。サムスンのイメージセンサー

イメージセンサー スマホ

シャオミが150MPスマホを今年末発売か。サムスンのイメージセンサー

中国のシャオミが世界初となる1億5000万画素のイメージセンサーを搭載したスマートフォンを発表するという見方が出ている。

23日、ギズモードチャイナ紙は、サムスン電子が今年末に発売する1億5000万画素のイメージセンサーをシャオミが自社のスマートフォンに採用する予定であると伝えた。韓国メディアも報じた。サムスンのスマートフォンに先立ち、シャオミが同センサーを最初に適用することになる。
 

ISOCELL Bright HMX

同センサーはサムスンの1億800万画素センサーと同じく「ノナセル構造を持つ」という。サムスン電子は昨年シャオミと協力し1億800万画素センサー「ISOCELL Bright HMX」を開発した。
 
(参考記事:「シャオミ、サムスンに折り畳みスマホパネル供給要請か」)
 
同紙は「中国のオッポ(Oppo)とビーボ(Vivo)も1億5000万画素センサーを使用するために交渉中だ」と伝えた。両社の製品は2021年第1四半期に発売される予定だ。
 
(参考記事:「[特集]ファーウェイ抜きサムスンに迫るBBK」)
 
一方、サムスン電子は2億5000万画素センサーも開発中である。サムスン電子側は、最近6億画素のイメージセンサーの開発にも挑戦すると明らかにしている。
 
(参考記事:「サムスンのイメージセンサ事業長「6億画素に挑戦」」)
 
 
(アイキャッチ画像:シャオミ)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない