サムスン、Galaxyに中BOEのOLEDパネル採用を検討か

スマホ ディスプレイ

サムスン、Galaxyに中BOEのOLEDパネル採用を検討か

サムスン電子が次世代「Galaxy S」シリーズに、中国産のOLEDパネルの搭載を検討しているようだ。

ZDNet Koreaは、DSCCのレポートを引用し、サムスン電子が来年(2021年)に発売するとみられる「Galaxy S21」(仮)に中国BOEの6.67インチフレキシブルOLEDパネルの採用を議論していると伝えた。

DSCCは、「ファーウェイ、アップルなどの競合他社がBOEからOLEDパネルを調達する計画であるなか、サムスン電子がパネルの価格とコスト単価を考慮している」とし「BOEは、サムスン電子がGalaxyシリーズに適用されている超音波指紋認識技術と関連し、クアルコムと契約を締結し、先にGalaxy ウォッチアクティブにOLEDパネルを供給したことがあり、可能性がある」と伝えたという。

続いて「サムスン電子が2021年リリースするSシリーズ(S21)にBOEの6.67インチフレキシブルOLEDパネルの使用することを検討中であり、これは2021年第1四半期に発売される予定」とし「Galaxy Aシリーズモデルの中では6.67インチサイズのフルHD +解像度を備えたA91モデルに搭載されリリースされる可能性がある」と伝えたという。

BOEは、世界1位の液晶表示装置(LCD)企業であり、OLEDへの継続的な投資によって、今年の第1四半期に450万枚(市場占有率9.9%)のフレキシブルOLEDパネルを出荷し、世界3位(市場調査会社ストーンパートナーズ基準)の OLEDメーカーとして浮上した。 1位サムスンディスプレイとのシェア差は69.3%ポイント、2位LGディスプレイとは0.1%ポイント差だ。
 
(参考記事:「フレキシブルOLED、サムスンD首位維持もBOEシェア増」)
 
DSCCは「BOEが最近フレキシブルOLEDパネルの歩留まりを大幅に向上させると同時にOLED事業の競争力確保のために競争力のある価格政策を行っている」と伝えたという。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない