ソニックシステムが中国BOEにOLEDoS蒸着装置供給

ディスプレイ

ソニックシステムが中国BOEにOLEDoS蒸着装置供給

韓国のソニックシステム(SUNIC SYSTEM)社は、中国BOEに対し2260万ドル規模の供給契約を締結したと4日公示した。韓国各紙も報じた。これは昨年の売上高の31.6%に相当する金額である。

今回の契約の期間は、2020年04月29日から2020年11月06日までの約6ヶ月である。一方、今回の契約受注は2020年04月29日に締結されたことが報告された。

(参考記事:「ソニックシステム社、マイクロOLED蒸着機の受注拡大見込み」)

ソニックシステムがBOEに納品する装置は、一般の有機発光ダイオード(OLED)蒸着装置ではなく、OLEDoS(OLED on Silicon)の蒸着装置とされる。

韓国メディアによると、OLEDoSとは、OLEDを既存のガラス基板ではなくシリコン基板(半導体ウエハ)に蒸着し、より精密な超高解像度ディスプレイを実装する技術であるという。超高解像度ディスプレイが必要な拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR)機器に主に適用されるものと予想される。
 

(画像:BOEとの契約の旨が記されたソニックシステム社の公示)

 
(アイキャッチ画像:ソニックシステム社のOLED蒸着装置=同社Webサイト)
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない