サムスン総裁「子に会社を継承しない」

その他

サムスン総裁「子に会社を継承しない」

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が、子に経営権を継承しないことを明かした。

イ副会長は6日午後、ソウルにあるサムスン電子社屋において、経営権の継承、労働組合問題などについて「国民への謝罪」を行い、「私の子供たちに会社経営権を譲らない考え」であると話した。
イ副会長は「以前からこのような考えを持っていたが、外部には明かさなかった」とし、「経営環境が良いとはいえないのに、継承について言及することは無責任なことだと思った」と説明した。

今回の国民への謝罪は、「サムスンコンプライアンス委員会(サムスン遵法委員会)」の勧告に従ったものだ。イ副会長は、サムスンが一流グローバル企業に成長したのは国民の愛と関心があったから可能なことだった、と強調しながらも、国民の期待に及ばず、失望と心配をかけたことは自身の失態だと頭を下げた。

イ副会長は、「コンプライアンスをサムスンの文化としてしっかりと根付かせ、サムスンコンプライアンス監視委が独立的な地位で引き続き活動できるようにしたい」とし、「サムスンに対し無労働組合経営という評価が出ないよう、労働三権を徹底的に保障し、健全な労使文化が定着するようにする」と伝えた。

経営に関しては、絶え間ない革新を追求すると話した。彼は「最も得意な分野に集中しながらも新事業に果敢にチャレンジする」と話し、「サムスン電子は企業の規模でみても、IT事業の特性を見ても、専門性と洞察力をそなえた最高水準の経営だけが生存できる」と述べた。性別、学歴、国籍を問わず最高の人材を確保するとも語った。
 
(参考記事:「サムスン監視のコンプラ委員会が勧告、総裁による謝罪や労組容認など要求」)
(参考記事:「サムスン監視のコンプラ委員会が勧告、総裁による謝罪や労組容認など要求」)
 
(画像:サムスン電子のイ・ジェヨン副会長)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない