[特集]LG化学の現在地 EVバッテリーで躍進

EV電池 特集

[特集]LG化学の現在地 EVバッテリーで躍進

LG化学は、今年第一四半期の電気自動車バッテリー市場において、世界シェアで一位となった。

新型コロナウイルスの影響により、中国企業であるCATLやBYDが生産量を落としたという背景はあるが、LG化学のバッテリー使用量は前年同期の2.5GWhから5.5GWhと2.2倍も増加しての首位昇格となった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。