サムスンファウンドリ、エヌビディアから受注

半導体

サムスンファウンドリ、エヌビディアから受注

サムスン電子が、GPU(グラフィック処理プロセッサー)の最大手である米エヌビディアの次世代GPU用7ナノチップの一部を受託生産するという。

7日、内外のメディア報道によると、エヌビディアは来年発売を予定している「AMPERE」ベースの7ナノGPUを台湾TSMCとサムスン電子にそれぞれ発注したとのこと。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。