韓国産業省、フッ酸など国産化強調。コロナで確保品目を拡大へ

半導体 通商・特許

韓国産業省、フッ酸など国産化強調。コロナで確保品目を拡大へ

韓国政府は、日本の輸出規制(輸出管理強化)と新型コロナウイルス感染症の拡大による生産支障とサプライチェーンのリスクを最小限に抑えるために管理してきた「対日コア100品目」を「対世界338品目」に拡大すると発表した

同国の産業省(産業通商資源部)は11日午後、ソン・ユンモ長官主宰で開かれた会議において、このように明らかにした。ソン長官は「グローバルサプライチェーンの脅威により、企業にとってコロナ前と後では明らかに異なる」とし「管理項目を対日100品目から世界338品目に拡大し、サプライチェーンのリスクを徹底的に管理する」とした。

先に日本政府は8月、半導体・ディスプレイ必須素材であるフォトレジスト、フッ化水素、フッ素ポリイミドの輸出規制措置をとり、韓国を「ホワイトリスト」(輸出優遇国)から除外していた。

ソン長官は同日の会議で、昨年8月に設けられた「対日100品目」の供給安定化対策の成果も確認した。政府は、日本の輸出規制に基づいて、半導体・ディスプレイの生産に必要なフッ酸液、EUVレジスト、フッ化ポリイミドなどの供給安定化品目に指定して、米国、中国、欧州産の製品を代替投入し、現在国産化も並行しているとした。

フッ酸液は、国内企業のソルブレインが工場を新・増設するなど、国内需要に十分な供給能力を確保したと報告。 EUVレジストは欧州産製品輸入の多様化とともに、グローバル企業デュポンから生産設備の投資を誘致するなど、多角的な供給基盤を確保した。

フッ化ポリイミドは、コーロンインダストリーとSKCが独自の技術を確保し、現在プロトタイプのテスト中であるとした。

センサー部品等20品目については、10のプロジェクトを通じて総額7340億ウォンの規模の新・増設投資を進行したと明らかにした。

政府の措置により主要な項目の在庫量は昨年7月時点で「1年3ヶ月」分だったが、今年の第1四半期は「2年6ヶ月」分に増えたとした。政府は、早期の成果を達成するため、今年の素材・部品・機器(小・部・長=ソープジャン)産業特別会計として2兆725億ウォン(約1840億円)のうち1兆915億ウォン(約1000億円)(52.7%)を先月までに早期執行したと明らかにした。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない