[臨時特集]コロナ禍における半導体産業への影響やいかに?

半導体 特集

[臨時特集]コロナ禍における半導体産業への影響やいかに?

世界的混乱を巻き起こしている新型コロナウイルス。日本においては依然と感染拡大を続け、緊急事態宣言が全国へと拡大している。今後新型コロナウイルスがさらに長期化した場合、半導体業界においてはどのような影響を及ぼすのであろうか。

新型コロナウイルスにより、半導体工場の稼働が停止する可能性は現時点においては低いと思われる。理由は以下3点だ。

1.緊急事態宣言化でも稼働可能
 国際半導体製造装置材料協会(SEMI)と主要半導体生産国である日本、韓国、中国、アメリカ、台湾、EU諸国の半導体協会は、半導体は必須産業(Essential businesses)として分類されるよう、共同声明を発表している。日本では、2020年4月7日に緊急事態宣言発令にあわせ、3月28日に発令された基本方針が改正され、新たに「緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者」が例示された。そのなかで、半導体工場等は「医療、製造業のうち、設備の特性上、生産停止が困難なものとされ、現状は稼働を存続可能な状態である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。