[特集]ファーウェイ制裁強化による韓国企業への影響

スマホ 半導体 特集 通商・特許

[特集]ファーウェイ制裁強化による韓国企業への影響

トランプ政権が中国ファーウェイへの制裁をさらに強化する措置を行った。それを受け、台湾TSMCはファーウェイとの取引を停止したと報じられているが、サムスンやSKハイニクスといった韓国企業への影響はどのようなものになるだろうか?

米商務省は15日、1年前に実施したファーウェイへの制裁をさらに強化する旨を発表した。ファーウェイへの禁輸措置を海外企業にまで含める内容だ。米国の技術やソフトウェアが一部でも含まれた半導体のファーウェイへの輸出が禁じられる。現時点でまだ細則は発表されていないが、これまで25%以下であれば輸出可能とされていた基準が10%以下となる可能性が高いという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。