LG電子、国内テレビ生産ライン一部をインドネシアへ移転

ディスプレイ

LG電子、国内テレビ生産ライン一部をインドネシアへ移転

LG電子が韓国の慶尚北道・亀尾(キョンサンブクド•クミ)事業所にあるテレビ生産ライン2本をインドネシアに移転すると発表した。亀尾(クミ)事業所のテレビ•サイネージの生産ラインは既存の6つから4つのラインに縮小される。

LG電子は20日、「亀尾(クミ)事業所のテレビ•サイネージの生産ラインを一部減らし、インドネシア工場のテレビ生産能力を50%増やす」と発表した。 続いて「早ければ年内にインドネシアのチビトゥン(Cibitung)工場のテレビ生産能力を大幅に拡大する計画だ」と説明した。

LG電子はインドネシア•チビトゥン工場をアジア地域にテレビを供給する拠点生産地として作る計画だ。 1995年に竣工したこの工場はテレビ、モニター、サイネージなどを生産する。 組立、品質検査、包装などの全工程に自動化設備を拡充し、生産能力を50%増やす予定だ。

LG電子はグローバルテレビ生産の「マザーファクトリー(Mother Factory)」である亀尾(クミ)事業所を中心に圏域別拠点生産体制を強化すると明らかにした。 同社は亀尾(クミ)事業所がグローバルテレビ生産地を支援し、コントロールタワーの役割をしていると説明した。 亀尾(クミ)事業所のテレビ•サイネージの生産ラインは既存の6つから4つのラインに縮小する。 ローラーブルやウォールペーパーなど高度化した生産技術が必要な最上位のプレミアムテレビと医療用モニターを生産する。 新製品の量産性の検証と研究も行う。

アジアはチビトゥン(インドネシア)、欧州はムワバ(ポーランド)、北米はレイノサ•メキシカリ(メキシコ)の工場がそれぞれの市場にテレビを供給する。 LG電子はグローバル生産地の効率化を通じ、テレビ事業の競争力を強化すると説明した。

LG電子は人為的なリストラなしに亀尾(クミ)事業所の従業員を全員再配置すると明らかにした。テレビ関連従業員500人余りのうち、大半は同じ事業場内のテレビ生産ラインと太陽光モジュール生産ラインで勤務する。 一部の従業員は勤務地を京畿道平沢(キョンギド•ピョンテク)のLGデジタルパークに移す。 テレビサービスと研究開発支援業務を引き受ける予定だ。 会社は平沢(ピョンテク)に移動する従業員に▲融資▲専任費▲勤務地移動休暇▲週末交通便の提供など便宜を提供する。 LG電子は労組と協議した後、具体的な支援計画をまとめる予定だ。

LG電子は2015年以降、タイのラヨン、中国の瀋陽、ポーランドのブロツワフ、ベトナムのハイフォン、カザフスタンのアルマトイなど、テレビ生産地を近隣の生産地に統合している。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない