中国企業が「コバルトフリー」EV電池発表 韓国技術者が関与か?

EV電池 研究開発

中国企業が「コバルトフリー」EV電池発表 韓国技術者が関与か?

中国のバッテリーメーカーであるSボルト社が、「コバルトフリー」のバッテリーを発表した。電気自動車(EV)1回充電時の走行距離を880kmに伸ばし、既存バッテリーより原価を最大15%減らせるというのが特徴だ。

韓国の電子系メディア・ジイレック紙は、Sボルトのバッテリーの正極材開発は韓国出身の人材が担当したとし、「国内バッテリーの核心人材と技術が流出したと思われる」と報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。