サムスンがEUVファウンドリラインを増設…国内二か所目

半導体

サムスンがEUVファウンドリラインを増設…国内二か所目

サムスン電子がEUV(Extreme Ultra Violet、極紫外線)ベースの最先端製品の需要増加に対応するため、韓国の京畿道にある平沢(ピョンテク)キャンパスにファウンドリー生産ラインを構築する。

サムスン電子は21日、自社の広報サイトにおいて、今年2月に稼働した華城(ファソン)のEUV専用ラインである「V1ライン」稼働に続き、この度、平沢にもファウンドリラインを構築したと公表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。