化学物質の調達などで迅速許可 韓国環境省が報告

半導体 研究開発

化学物質の調達などで迅速許可 韓国環境省が報告

韓国政府が、新型コロナウイルスや日本の輸出規制(管理強化)の影響を解消するため、半導体など国内企業による化学物質の輸入や登録などにファーストトラックを積極的に適用していることが分かった。

20日、韓国環境省(環境部)は、日本の輸出規制や新型コロナウイルスよって影響を受ける化学物質などのサプライチェーン安定化のための「関係省庁合同対策」を発表し、「化学物質の登録評価法(以下、化評法)」および「化学物質管理法(以下、化管法)」の許認可に伴うファーストトラックを支援していると明らかにした

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。