[特集]さらなる対中制裁、「最悪の事態」を想定した韓台企業の動き

半導体 特集

[特集]さらなる対中制裁、「最悪の事態」を想定した韓台企業の動き

米商務省は15日、1年前に実施したファーウェイへの制裁をさらに強化する旨を発表した。ファーウェイへの禁輸措置を海外企業にまで含める内容だ。米国の技術やソフトウェアが一部でも含まれた半導体のファーウェイへの輸出が禁じられる。
(参考記事:「[特集]ファーウェイ制裁強化による韓国企業への影響」)
 
さらなる制裁

これについては、先日(19日)本誌でも特集記事を書いたが、その後にも立て続けに中国企業(機関)への制裁が発表された。20日には米に上場する中国企業の経営の透明性を求めるとされる「外国企業説明責任法」が米上院で可決。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。