韓国UNIST「室内照明で充電できるバッテリー開発」と発表

その他

韓国UNIST「室内照明で充電できるバッテリー開発」と発表

 UNIST(ウルサン科学技術大学校)の研究チームが室内照明でも無線充電できる二次電池を開発したと発表した。

 UNISTのグォン・テヒョク教授、ソン・ヒョンゴン教授の研究チームは、暗い照明にも反応し電気を生産、貯蔵する「色素増感光充電電池」を開発した。光と反応し、電気を生産する「色素増感太陽電池」と二次電池の「リチウムイオン電池」を結合した技術になる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。