LGが分散型台帳の国際プラットフォームに参加 家電メーカーで初

その他

LGが分散型台帳の国際プラットフォームに参加 家電メーカーで初

LG電子が、家電メーカーとしては初めて、分散型台帳プラットフォームHedera Hashgraph(ヘデラハッシュグラフ)の「ヘデラ運営審議会」に加入したことが分かった。28日、同社が明らかにした。

日本の仮想通貨ニュースサイトであるCOINPOSTも28日、LG電子のヘデラ加入を報じた。同サイトによると、「Hashgraphは、ブロックチェーン以外の方法で分散型台帳を実現するオルタナティブ技術で、高速性、公平性、安全性を特徴としたコンセンサスプロトコル」であるという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。