KAIST「リチウム-空気バッテリー」のエネルギー貯蔵素材開発と発表

EV電池 研究開発

KAIST「リチウム-空気バッテリー」のエネルギー貯蔵素材開発と発表

韓国科学技術院(KAIST)は1日、同院所属の共同研究チームが、「リチウム- 空気バッテリー」のエネルギー貯蔵素材を開発したと明らかにした。「リチウム-空気バッテリー」は既存のリチウム – イオン電池に比べ約10倍大きなエネルギー密度を持つとされる次世代電池のことだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。