「SKハイニクス 第2四半期は好実績」と証券会社予想

半導体

「SKハイニクス 第2四半期は好実績」と証券会社予想

SKハイニクスの第2四半期実績が好結果になるという予想が出ている。

キム・ギョンミン ハナ金融投資研究員は4日、SKハイニクスについて、「5月のマクロ及び同業界の指標が良好で、来る第2四半期の営業利益推定値を既存の1兆6000億ウォン(約1431億円)から1兆9000億ウォン(約1700億円)に上方修正する」とし、「5月の韓国の半導体輸出は前年同期比7.1%成長した」と説明した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。