韓国電子部品研究院「フレキシブルバッテリー関連技術開発」発表

EV電池 研究開発

韓国電子部品研究院「フレキシブルバッテリー関連技術開発」発表

KETI、繊維と一体化された電極構造体の開発でフレキシブルバッテリーの商用化の壁を突破

 6月3日、電子部品研究院(KETI)は、電極物質と繊維素材を一体化させることで、機械的変形に対して高い耐久性を持ち、性能低下を最小限に抑えることができる新型電極構造体の開発を明らかにした。この技術はその重要性を認められ、材料科学分野の国際ジャーナル上位10%に入るAdvanced Functional Materialsの4月号表紙論文に選定された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。