[特集]サムスン総裁への逮捕状は棄却…今後の流れと経営への影響

特集

[特集]サムスン総裁への逮捕状は棄却…今後の流れと経営への影響

逮捕状請求は棄却

韓国の検察より逮捕状を請求されていた、サムスングループの事実上の総裁であるイ・ジェヨン サムスン電子副会長だが、逮捕の必要性有無を審査したソウル中央地裁によって9日棄却された。
(参考記事:「[特集]サムスン総裁への逮捕状請求の理由と背景」)
8日からソウル中央地裁で審査を受け、その後拘置所に移動して審査結果を待っていたイ・ジェヨン副会長は、同じく逮捕状請求が棄却されたチェ・ジソン前サムスン未来戦略室長(副会長)、ギム・ジョンジュン前未来戦略室チーム長(社長)と共に拘置所から出所した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。