サムスンGALAXY、低価格モデルに中国CSOTのOLEDパネル採用も

スマホ ディスプレイ

サムスンGALAXY、低価格モデルに中国CSOTのOLEDパネル採用も

サムスン電子がスマートフォンGALAXYシリーズの低コストモデルに中国産の有機発光ダイオード(OLED)パネルの搭載を検討しているようだ。

16日、中央日報は、サムモバイルなどの外信報道を基に、「サムスン電子はインドで生産するGALAXY Mシリーズ製品に中国企業チャイナスター(CSOT)の6.7インチフルHD級OLEDパネルを搭載する」と報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。