「Galaxy Fold2」など、UTGの供給不足で発売遅延も…調査会社CEOが明かす

スマホ

「Galaxy Fold2」など、UTGの供給不足で発売遅延も…調査会社CEOが明かす

サムスン電子が8月、オンラインイベントを通じて、「Galaxy Fold2」や「Galaxy Z flip」の5G版、「Galaxy Note20」などを発表する予想されるなか、部材の供給不足により、発売日が遅れるという見方が浮上している。

韓国メディア・ニュース1など複数紙によると、市場調査会社DSCC(ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタント)のロス・ヤング最高経営責任者(CEO)のTwitter投稿(17日)を紹介。ロスCEOは「Galaxy Fold2とGalaxy Z flipプが8月ごろに生産開始される」とし、「8月末か9月に発売されるだろう」と見通した。
 

ただし、「二つのモデルのディスプレイに搭載される超薄膜強化ガラス(UTG)の物量が少なく、発売当初は手に入れるのが難しいだろう」とし、「今年末までは供給が制限的だろう」と付け加えた。

「Galaxy Z flip」に初めて適用されたUTGは、「Galaxy Fold2」にも適用されるとの予想が以前から出ている。 前作の「Galaxy Fold」ではプラスチック素材が搭載された。

ロスCEOはまた、「Galaxy Note20 Ultra」についても、低温ポリシリコンオキサイド(LTPO)の供給問題で発売がやや遅れる可能性があると投稿した。

サムスン電子のオンラインイベント(Galaxy Unpacked)は8月5日に開かれると予想されている。 ギ
 
(参考記事:「「Galaxy Fold2」など、8月5日にお披露目か?」)
(参考記事:「「Galaxy Fold2」はSペンなしか…UTG画面のため耐久性に欠ける?」)
(参考記事:「サムスン、UTG供給会社と関係強化。新契約とロイヤリティ」)
(参考記事:「zフリップ発売でUTGとCPIの素材対決?」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない