サムスン、カナダ移動通信大手の5G機器サプライヤーに選定

その他

サムスン、カナダ移動通信大手の5G機器サプライヤーに選定

サムスン電子は19日、カナダの大手移動通信事業者であるテラス(TELUS)社の5G通信機器サプライヤーに選ばれたと発表した。

サムスン電子は、昨年12月にカナダで、2月にアメリカで、3月にニュージーランドで現地主要通信社と5G機器の供給契約に結んでおり、4番目の新規受注であると説明した。

サムスン電子は昨年12月にカナダ市場に進出し、今回、全国規模の移動通信事業者であるテラスに5G通信機器を供給することになり、カナダの通信機器市場におけるメジャーベンダーになったと強調した。

テレスのデレン・エントウィスル(Darren Entwistle)CEOは、「通信技術分野の長年の経験とコネクティビティ分野の専門知識、高度な技術などを考慮し、サムスン電子をサプライヤーに選定することになった」とし、「今回の5G生態系の拡張は、世界最高水準の5G通信経験を提供するためのテラスの組織的な能力と忍耐、進取の気風を証明するだろう」と述べた。

サムスン電子ネットワーク事業部長であるジョン・ギョンフン社長は、「多くの5G先進国で蓄積してきた商業経験と独自の5Gネットワークソリューションに基づき、テレス社がカナダで新たな5G時代の新たな地平を切り開くことに積極的に協力する」と述べた。

テレスは1990年に設立(民営化)され、インターネットおよび移動通信サービスを提供しており、2000年から全国の有無線通信網、周波数の確保とネットワークの運営に約2億カナダドルを投資し、カナダ全域に超高速通信サービスを提供している。また、デジタル技術革新を多くの産業分野に普及させるために5G分野に3年間で400億カナダドルを追加投資する計画である。
 
(参考記事:「英当局者が「5G」でNECおよびサムスンと協議か ファーウェイに代わり」)
(参考記事:「サムスンがNZキャリアと5G機器の供給契約。ファーウェイ制す」)
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない